カードゲーム市場はなかなか闇である

最近になって、かつて遊んでいたがまともに
ルールを考慮していないまま飽きてしまったデジタルモンスターカードゲーム
の熱が上がっていて、それをやるために少しずつカードを集めているが、
プロキシカードなる貧乏人の味方的なやつを知り、印刷で製造を試みるが
印刷がどうも「滲んで」「拡大意味不明になる」しまって挫折。
仕方なく本物のカードをゲットしようと思いながら
とある通販サイトでカードを20枚くらい購入する事にした。

なおカードはスリーブ(ポプテピピックのやつ)を導入しているので、
あとは20↑枚くらいのカードが有れば大丈夫。デジタルモンスターカードゲーム
は30枚編成だが残りはもっと安いところで買うかもしれないね。
問題なのは他にもプレイシートとかがない!というところなので、
プレイシート付きスターターなどはamazonなどでの購入を検討したいです。
以下は余談になっています。


ガンドラモンの悲劇

駿河屋で三銃士カードが販売されていたのですが、
そのうちのマグナキッドモンカードは僕が購入し、
誰かがベルスターモンカードを購入したので、
実際のところガンドラモンだけ誰も購入していないのですね。
価格的にはガンドラモンのほうが安い設定だそうですが、
人気も関係あってか売れ残りキャラに…。ある意味三銃士で最も
みじめな扱いかもしれない。下手な話デック編成でマグナキッドモン、
ベルスターモンがいれば後はガンドラモンいなくてもベルゼブモン
で代用できるのが正直アレな感じでもある。